緑内障とは

緑内障とは、眼圧により視神経が障害され視野が狭窄される病気です。40歳以上の20人に1人が緑内障といわれています。治療法は眼圧を下げることで、通常は点眼薬で眼圧を下降させます。ただし点眼薬で眼圧が下がりきらない場合や、偽落屑症候群·閉塞隅角の場合は手術が必要になります。

 

適応

● 閉塞隅角症、閉塞隅角緑内障→水晶体再建術など
● 偽落屑症候群·ステロイド緑内障→流出路再建術など
● 開放隅角緑内障(点眼でコントロールできない場合)→濾過手術など

手術方法(局所麻酔 日帰り)

眼内を循環している房水の出口の流れを改善させます。手術方法は、視野障害の状態を考慮して術式を決めます。

手術の流れ

点眼による眼圧下降と視野障害の進行を診察し、緑内障手術が必要か判断して手術日を決めます。

手術日前


● 術前検査を行います。
● 手術3日前より感染症を防ぐための点眼薬をお使いいただきます。

手術当日(在院時間:3時間程度)


① 受付 ご予約の時間までに受付をお済ませください。当日、体調が悪いなどありましたらお知らせください。
② 術前処置 30分~1時間 処置室にて当日の血圧などバイタル確認と、術前処置として点眼を行います。(点滴の場合もあります)
③ 手術 60分 オペ室にて局所麻酔の点眼を行った後、手術を行います。
④ 手術後 30分~1時間 手術後はリカバリー室にてしばらく安静にお休みいただきます。

手術翌日以降


● 術後の眼圧によりますが、術直後は連日の診察が必要です。

※手術の緊急性によっては当院では対応できず紹介させていただくこととなります。

〒140-0014
東京都品川区大井2丁目1番1号
      東急大井町線/JR 大井町駅 徒歩5分       東急大井町線 下神明駅 徒歩5分

 
 
       
診療時間 日祝
眼科 9:00〜13:00
15:00〜18:00 手術
内科 9:00〜13:00
15:00〜18:00