Equipment

検査機器紹介

こちらの1台で
① 屈折異常の程度(遠視・近視・乱視)、
② 眼のカーブの強さ(角膜曲率半径)、
③ 目の硬さ(眼圧)、
④ 角膜の厚み、
⑤ ピント調整する力(調節力)を測定できます。
こちらの機器の数値を目安にして他の検査を進めていきます。

眼の表面の断面を詳細に把握することが可能です。角膜の凸凹状態を表す不正乱視、緑内障発作などのリスクのある狭隅角の検出を行います。
当院では、白内障手術前検査でも使用します。プレミアムレンズを用いた白内障手術では必須の機器です。

眼の奥(眼底)の断面画像やカラー画像を撮影することにより、肉眼では確認しにくい多くの疾患の病態や治療に対する判定が把握することができます。こちら器械を使用する代表的な疾患は、加齢黄斑変性、黄斑円孔、黄斑前膜、糖尿病黄斑症、黄斑浮腫、網膜剥離、緑内障などです。

白内障手術を行う際のレンズ度数選択の際に使います。目の大きさを測ることで白内障手術で用いる眼内レンズの強さを決定します。光を用いた光学式と、混濁が強い場合に用いる接触型の2種類の測定装置があります。

目のレンズである角膜の単位面積あたり内皮細胞の数を測定します。コンタクトレンズ使用者、各種手術前検査に使用します。内皮細胞は加齢により減少します。またコンタクトレンズの装用、目の手術をすることでさらに減少してしまいます。数が減ると角膜が白く濁る角膜混濁を起こします。

目の見える範囲を自動測定してくれる器械です。視野の欠落部、感度低下部分の範囲を測れます。緑内障など視野障害の起こす疾患を持つ方が対象(緑内障40歳以上の5%が罹患日本では中途失明第1位)です。

糖尿病網膜症や網膜裂孔(網膜剥離)の治療に用います。パターン照射が行え従来よりも患者様の痛みが少なく行えます。

後発白内障手術や、緑内障発作処置の際に使用します。

使用している眼鏡の度数を測定します。単焦点・遠近累進レンズなども全自動で判定処方したあとの眼鏡の仕上がりを確認できます。

〒140-0014
東京都品川区大井2丁目1番1号
      東急大井町線/JR 大井町駅 徒歩5分       東急大井町線 下神明駅 徒歩5分

 
 
       
診療時間 日祝
眼科 9:00〜13:00
15:00〜18:00 手術
内科 9:00〜13:00
15:00〜18:00